つぶやき

xperia8メリットデメリット!おすすめの人は?

sonyが発売したミドルクラスのandroidスマホ「xperia8」を使ってみてメリットデメリット、おすすめできる人できない人が見えてきました。

結論から言うと、手が小さい人向けかなと思います。

そうでないと横幅が狭い分、ボタンやリンクなどが小さくて押しづらいです。

これが思った以上にストレスに感じました。

では、他のメリットデメリットなどご紹介します。

メリット

  • 横幅が狭いので持ちやすい。
  • 端末の重量が軽い
  • 縦長なのでWEBサイトなどは1度にたくさん情報が見れて便利

ゲーム以外の普段使いとしては問題ないと思います。

端末重量も軽く持ちやすいので扱いやすいです。

デメリット

  • ボタンやリンクが小さくて押しづらい
  • 横向きのゲームで真ん中付近が遠くて押しづらい
  • ミドルクラスの性能なので、アプリの起動速度は遅い
  • リアルタイムのゲームは性能的に厳しい

なんといってもボタンなどが押しづらいのがネック。

ミドルクラスの性能になっているので、速度はイマイチ。アプリの起動ですらタップしてからワンテンポ遅れて起動。

xperia8おすすめできる人

  • 処理速度を気にしない人
  • 手が小さい人
  • あまりゲームをしない人

xperia8をおすすめできない人

  • 処理速度が気になる人
  • 手が小さくない人
  • スペックが必要なゲームをする人

手の大きさですが、イメージとしては男性の一般的なサイズで押しづらいく感じると思います。

あと縦長の端末はゲームに向いてないと感じました。

まとめ

xperia8ですが、全体的にイマイチ感が強いなと思います。

電話や軽いネットサーファンくらいのライトユーザー向きで、しかも小さいボタンが押しづらい。

使って満足できる人は少ないのかなという印象です。

少しでもxperia8を検討している人の参考になればなと思います。

FireVaultの暗号化が終わらない&くそ重い

Macの機能でFireVaultというのがあるのですが、それをONにしてしまったばかりに暗号化が終わらない&くそ重いという状態に・・・
しかも、FireVaultをOFFにしようとしても、暗号化が終わらなければOFFにできない・・・

OSは、El Capitanです。

困りました。いろいろ試しました。
結果、数ヶ月前にTime Machineでバックアップを取っていたので、数ヶ月前の状態にしました。。

いろいろ試した結果を以下に残します。
場合によっては解消することもあるようです。

基本的にバックアップを取ってから試してみたほうが良いと思います。
何かするたびに10秒以上待たされ、くそ重い状況で大変かと思いますが、頑張って下さい。

FireVaultが進んでいるか確認

「システム環境設定」 > 「セキュリティとプライバシー」 > 「FireVault」にアクセス。
ずっと暗号化の計算中となってる場合は、暗号化が失敗して止まってる可能性があります。

スクリーンショット 2016-09-16 0.39.46.png

念のため、切れるか試してみてもよいかもしれません。
暗号化中なので暗号化が終了してから切ってくださいと出るかと思いますが、これでFireVaultを切れたらラッキーということで。

「FireVaultを切にする・・・」をクリック。
ロックされてクリックできない場合は、「変更するにはカギをクリックします。」の鍵マークをクリックしロックを解除。

スクリーンショット 2016-09-16 0.41.12.png

ディスクの修復を行う

起動時にディスクユーティリティを立ち上げ、ディスクの修復を行ってみてください。
解消することもあるようです。

PRAMをクリア
起動(再起動)時に「command + option + p + r」を押しながら起動。開始音が2回鳴ったらOKです。
ディスクユーティリティを立ち上げる
起動(再起動)時に「command + r」を押しながら起動する。ディスクユーティリティの選択画面が表示されるので、ディスクユーティリティをクリック
暗号化したディスクのロックを解除
おそらく、「Macintosh HD」かと思います。ディスクを選択し、上部メニューの「ファイル」 > 「ロック解除」をクリック。
パスワードを聞かれるので、パスワードを入力。管理者パスワードで解除できるかと。
ディスクの修復
ロック解除したディスクを選択し、「First Aid」をクリックして修復

ディスク修復は以上です。
上部メニューのリンゴマークから再起動してください。

再起動後、暗号化が進むかもしれません。

ターミナルから操作

ターミナルからコマンドでFireVaultを操作してみます。

※コマンドの$は入力不要です。

現在の状態を確認
$ sudo fdesetup status

を実行。「Pending」と表示されたら、暗号化が途中で止まってます。

FireVaultを停止
$ sudo fdesetup disable

を実行。これで停止できれば、FireVaultを切るにできることもあるそうです。

FireVaultで暗号化対象を確認
$ sudo fdesetup list

を実行。「ユーザ名,uuid」の形式で表示されます。

ユーザ名で暗号化対象を指定して、削除
$ sudo fdesetup remove -user [ユーザ名]

を実行。[ユーザ名]の部分は、listで表示されたユーザ名に置き換えてください。エラーが表示されなければ、OKです。

uuidで暗号化対象を指定して、削除
$ sudo fdesetup remove -uuid [uuid]

を実行。[uuid]の部分は、listで表示されたuuidに置き換えてください。エラーが表示されなければ、OKです。

fdesetupコマンドで再起動
$ sudo fdesetup authrestart

を実行。macが再起動されます。再起動後、暗号化が進めば解消されるかと。

以上です。
解消されなければ、他の方法で。

Time Machineで前の状態に戻す

Time Machineで以前、バックアップを取っている場合は、バックアップを取った状態に戻せすことで解消します。
ただし、バックアップの時点の状態になるので、OSやファイルを含め全てが前の状態になります。

ですので、必要なファイル等はどこかに退避しておく必要があります。

「command + r」で起動
起動(再起動)時に「command + r」を押しながら起動する。
Time Machineを選択
リストにTime Machineが出てくるので選択し、説明にそって進めてください。

以上でTime Machineは完了です。
前の状態に戻り、FireVaultの問題が解消したかと思います。

クリーンインストール

クリーンインストールで初期化します。
OSを新しく入れ直すので、その時にFireVaultの設定をOFFにすることで解消します。

LWScreenShot 2016-09-15 at 3.14.00 PM.png

初期化ですので、まっさらな状態になります。。
必要なファイル等はどこかに退避しておく必要があります。

「command + r」で起動
起動(再起動)時に「command + r」を押しながら起動する。
ディスクユーティリティを選択
リストにディスクユーティリティが出てくるので選択。
Macintosh HDを消去
「Macintosh HD」を選択し、消去ボタンをクリック。フォーマットは「OS X 拡張(ジャーナリング)」を選択し、消去。
ディスクユーティリティを閉じる
左上の×ボタンをクリックで閉じる
OS X を再インストール
リストに「OS X を再インストール」が出てくるので選択。あとは画面にそって進めてください。

以上でクリーンインストールは完了です。

まとめ

この問題が発生してしまったら、解消するまでに時間がかかります。
忍耐強く頑張るしかないです。。

何をやってもダメなら最終的にクリーンインストールでなんとかなると思います。
時間をかけたくない場合は、サクッとクリーンインストールしてしまうのも手かと思います。

調べてみたら数年前からこのような現象は起こっているらしく、それでもまだ解消してないなんて、どうなってるんでしょう・・・